誰も損しない遺品整理の仕方とは?遺品回収業者ランキング

祖父の荷物を片付けていたらやる気に満ちた若かりし会社勤め時代のおそらく社員旅行であろうと思われる写真が見つかり家族で祖父の意外な一場面をみました。

祖父は昔から堅気な性格の人でしたがその写真に写っているのはまるで別人のようだったので思わず笑ってしましました。

それまでは遺品整理に良い印象はなかったのですが写真を見つけた事により、今までと違った印象を持つようになりました。

整理する事により、家族の絆も深まります。

大切なパートナーが亡くなった時家族の悲しみは相当なものですよね。

が、残された家族には、故人の遺品整理をしなくてはいけない。

という使命が残っています。

これは、誰でも通る道です。

遺族だけでやれなくもないですが大型の家具や家1軒分となるとなかなか難しいでしょう。

その場合は、買取業者がおすすめです。

遺品を買取・処分をしてくれるのでご家族の心強いサポート・手助けになります。

早期対応や24h対応もしてくれます。

大切なご家族が亡くなった後には遺品整理が待っています。

しかし、悲しみがまだ残るうちは無理ですよね。

どのぐらいから整理を始めた方が良いのか?調査した所、気持ちの整理がつく、四十九日ごろが良いようです。

ですが、これは持ち家だった場合のケースで故人が賃貸に住んでいた場合大家さんや次の入居者の方の事もあるので、早める必要があります。

トランクルームを一時的に借りるなど工夫されるご遺族もいらっしゃる様ですね。

どの場合にせよ、プロに依頼するとスムーズです。

大事なパートナーが天に召されると残された方々は遺品整理が待っています。

始める時期は、四十九日が終わったら。

というのが良いそうです。

が、これは自宅が一軒家の時で賃貸にお住いの場合は、時期を早める必要があります。

遺族だけでもやろうと思えば出来ますが早く済ませたいのでしたら、処分業者に依頼すると良いでしょう。

ワンルームタイプでしたらそんなに高額な値段ではありません。

それでも荷物が多い場合はレンタル倉庫を借りる方法もあります。

自分の部屋を片付けようと思った時やる気がないと出来ませんよね。

それが遺品整理ともなると、猶更やる気が必要になってきます。

なんせ、普通の整理と違い、家丸ごと一軒分など大がかりな片付けになるからです。

その時のコツはあそこもここもやらなくては!と焦るのではなく今日はこの部屋、明日はこの部屋といった様に片付ける場所を決めてからやり出すと効率が良いです。

言われてみると、確かにあれこれ手を出すよりはいいですよね。

賃貸でも同じようにすると良いです。

個人情報が漏れやすい昨今。

snsなどに良かれと思って写真をアップしたら場所が特定されてしまい、不特定多数の人に解ってしまう。

といった事もあり得ます。

この様に、便利な世の中だからこそ自分の情報はしっかりと守る必要があります。

遺品整理の時も気を付けなければいけません。

なんせ、故人の住所や名前が書かれた書類が沢山出てくるからです。

それらの物も個人情報流出になりかねないので紙類ならきちんとシュレッダーにかけましょう。

重要書類などは弁護士に相談をしてから処分をするようにしてください。

故人の所有物を処分する遺品整理は残されたご家族の大事な役目とも言えますよね。

とはいえ、この様な状況が初めてのケースではどうやって整理をするの?というご家族がほとんどではないでしょうか。

そんな時は、買取業者や処分業者に依頼をするのがおすすめです。

家族だけでやる事も可能ではありますが大型家具があったり、家丸ごととなるとかなりハードなのでプロに任せるのが良いでしょう。

中には、高額な値段がつくものが眠っているかもしれません。

自分達では気づきにくいものでも、プロなら目利きができるので、メリットが多いです。

大切なご家族が天に召され、四十九日を過ぎると残された人達に待っているのが遺品整理です。

まだまだ悲しい中でそれどころではない・・という気持ちもあるかと思いますがずっとそのままという訳にもいきません。

万が一、賃貸住宅にお住まいだった場合は、そうも言っていられません。

整理はご遺族だけでも出来なくはないですが専門業者に頼むとよりスムーズです。

時間を短くできるだけでなく、買取もしてくれるので、思わぬ収入になる事もあります。

各業者の評判を見たいと思ったら口コミサイトがおすすめです。

ネットサーフィンをしていると色々な広告が目に飛び込んできますよね。

最近は、遺品整理の会社のを見ました。

その時はあまりピンと来ませんでしたが、親戚が亡くなった。

との連絡が来た時現実のものとなって、色々と考えさせられました。

実際は、頼る事なく親戚だけでやりましたが非常に大変で、何日にも分けてやりました。

もし、業者に依頼していたら・・もっと早く片付いていたと思います。

これは誰もが一度は経験する事だと思うので事前にどこにお願いするか、決めておいた方が良いな。

と思いました。

最近、遺品整理が話題になっていますよね。

故人が亡くなると専門業者に依頼するご家族が増えているようです。

確かに、生前の故人が使っていた物すべてを片付けるのは家族でもかなり負担が大きい作業です。

また、故人がもし事業をしていた場合は一般ごみだけで済まず、産業廃棄物も出ます。

サッと捨てられるごみではないので専門業者に依頼した方が家族の負担も減らせます。

ですが、例えばアルバムや捨ててほしくない物などは家族で仕訳をして取っておいてください。

先日、母と一緒に祖母の箪笥を片付けていたら着物が数点見つかりました。

かなり前に祖母は他界しているので最初は処分するしかない。

と思っていましたが知人が着物を買い取ってくれる店舗を知らせてくれすぐに問い合わせてみました。

遺品整理で見つけた着物ですが・・と伝えた所状態が良ければ買い取ってくれる。

との事でしたので鑑定依頼をしました。

昔から着ていたものだったので処分という選択肢はなるべく外したかったので良かったです。

家族で休みの日にリビングでテレビを見ていたら遺品整理の事をやっていました。

今は家族でやるのではなく専門業者に頼んで片付ける方が沢山いらっしゃるようです。

そうした理由の中には「私が物を捨てるとおじいちゃんのから怒られそうだから」といった様な、怖い話にされる人もいました。

うちも祖父母は何年も前に亡くなっていて家の片づけは経験した事がありますが身内で祟りなんて思った事もありませんでしたので少し驚きました。

かえって、色々な思い出を思い出すことができ、とても素敵な時間でした。

生前の故人宅を片付ける時どこから手を付けていいか迷うご家族が多いでしょう。

なぜなら、賃貸ならともかく、一軒家ともなりますと家そのものを遺品整理する必要があります。

アパート住まいだった場合でも、のんびりはできません。

悲しみと法事の手配に追われる中ご家族は色々と考える必要があるので悲しみに浸っている暇もありません。

しかし、整理を通じて家族の思い出に浸る事ができれば故人を安心させる事ができると思います。

仏教の世界では、四十九日を過ぎると魂が天にあげられると言われています。

この世に残されたご家族にとっても区切りのようなものですよね。

それを過ぎた頃に始めるのが適切とされているのが遺品整理です。

整理は何か悪い事をしている気もしないですが思い出の品々もあるのでご遺族にとっても心が癒される瞬間だと思います。

決して楽しい事ではありませんが残されたご家族と故人の思い出巡りと考えると心を落ち着かせ、良い思い出を大事にすることができますよね。

時には、故人の若かりし頃のアルバムを見つけ、家族みんなが笑顔になる事もありますよね。

亡くなった家族が以前使用していたものを処分する事は遺族にとってはつらいですが大事な役割です。

いつまでもそのままという訳にもいかずもし、不動産を処分する事になった場合、猶更です。

遺品整理をする時は、自分達でもできなくはないですが出来ればプロに任せた方が安心です。

その場合の料金はいくらくらいになるのか?心配な事も多いと思いますが、調べてみた所家の大きさによっても変動しますが、数万円~になります。

安くはないので、信頼できる業者選びが肝心になってきますね。

引用:遺品整理の仕方は?遺品回収業者に頼むなら【業者の選び方と買取相場】