医療レーザー脱毛の仕組みと流れについて

医療レーザー脱毛とは、特殊なレーザーを肌に照射する脱毛法です。
レーザーは、黒い色をしているメラニン色素のみに反応するため、毛根にダメージを与えはしますが肌への影響は最小限になります。
施術の流れを見てみると、まずカウンセリングを行います。
この時に施術の説明があり、肌や毛の質などを確認します。
試射をした後、大丈夫ならば本格的にレーザーを照射して施術となります。
施術後は、肌が熱を帯びているため軟膏を塗布したり、冷却材などを用いてクールダウンをします。
施術後、肌が赤みを帯びている状態の時の注意としては、肌が炎症を起こしやすい状態であるため、熱いお風呂に入らない、日焼けをしないなどがあります。
施術は通常、2か月前後の間隔で数回行われます。
これは、レーザーが毛周期の成長期という時期にある毛根にしか効き目がないためです。
ほかの毛根が成長期になるのに合わせて施術する結果、2か月前後、間隔が空くことになるのです。
ちなみに医療レーザー脱毛は医療行為であるため、医師以外の人が施術することはできません。
レーザー脱毛器トリア使い方コツ